住協建設 フェイスブック
住協建設 インスタグラム

COLUMN

家づくりで重要なのは「床材選び」

家を建てるときは、素足で過ごすことの多い日本人にとって快適に生活を送るうえで「床材選び」が非常に重要になってきます。選定にあたっては、その部屋を何に利用するかによって、最適な床材を選ぶ必要があります。
まず水まわりの部屋や空間と、そうではない部屋や空間では、適する床材が大きく異なります。


【水まわりのある部屋の床材】

洗面所やトイレなど、水まわりのある空間で使う主な床材には、次のものがあります。また最近では、リビングや廊下などとテイストをそろえ、つながりや一体感を生み出すため、フローリングにするケースも増えています。

表1 水まわりのある部屋で使う主な床材

床材名 成分/原料・加工 長 所
人工素材
の床材
クッションフロア 塩化ビニル樹脂のシート 耐水性に優れ汚れにくい
プラスチックタイル
(Pタイル)
塩化ビニル樹脂をタイル状に加工 堅く丈夫で耐久性や耐水性に優れる
タイル 粘土を焼いたもの 簡単に掃除ができる
天然素材
の床材
コルク コルクガシの樹皮 断熱性がある
ココヤシの繊維 ココナッツの果皮からとった繊維 丈夫で吸放出性が高く腐りにくい

人工素材の床材

クッションフロア

成分/原料・加工 塩化ビニル樹脂のシート
長 所 耐水性に優れ汚れにくい

プラスチックタイル(Pタイル)

成分/原料・加工 塩化ビニル樹脂をタイル状に加工
長 所 堅く丈夫で耐久性や耐水性に優れる

タイル

成分/原料・加工 粘土を焼いたもの
長 所 簡単に掃除ができる

天然素材の床材

コルク

成分/原料・加工 コルクガシの樹皮
長 所 断熱性がある

ココヤシの繊維

成分/原料・加工 ココナッツの果皮からとった繊維
長 所 丈夫で吸放出性が高く腐りにくい

※コルクは、表面仕上げによって滑りやすさが違ってきます


【水まわりのない部屋の床材】

これに対し、水まわりのない普通の部屋や空間の場合は、誰がどんな目的で利用するかをよく考え、その目的に合わせた床材を選びます。

表2 普通の部屋で使う主な床材

床材名 特 徴 利用場所
フローリング 木の質感と温もりがある リビング・洋室・廊下など
コルク 弾力性があり防音性に優れる 子ども部屋など
畳(本畳床) 断熱、防音に優れる 客間・寝室など
カーペット 素材、サイズ、カラーバリエーションが豊富
経済性・保温性に優れる
居間・洋間など

フローリング

特 徴 木の質感と温もりがある
利用場所 リビング・洋室・廊下など

クッションフロア

特 徴 衝撃性に優れる
利用場所 子ども部屋など

コルク

特 徴 弾力性があり防音性に優れる
利用場所 子ども部屋など

畳(本畳床)

特 徴 断熱、防音に優れる
利用場所 客間・寝室など

カーペット

特 徴 素材、サイズ、カラーバリエーションが豊富
経済性・保温性に優れる
利用場所 居間・洋間など

【新築やリフォームでも人気のフローリング】

フローリングは、新築でもリフォームでもとても人気があります。そこで、床材の中でもフローリングについて少し詳しくお話しします。
フローリングには、「無垢(単層)フローリング」と「複合フローリング」の2つのタイプがあります。
無垢フローリングは、別名の「単層」の名のとおり、断面を見て単一の木材からできているように見えます。無垢材の1枚板だけでなく、集成材を使っていても、断面が単一の木材からできているように見えれば、やはり無垢フローリングと呼びます。
これに対し、複合フローリングは、合板の基材に、回転する鋸の刃で切り出した数㎜の厚さの挽板(ひきいた)や、薄くスライスした突板(つきいた)などの表面化粧板を貼ってつくります。
そのほか、合板の基材に特殊強化フィルムや特殊印刷紙のシートを貼ったものがありますが、これはフローリングではなく、木質系フロア(シートフローリング)と呼んでいます。
種類によるメリットやデメリットを紹介します。

表3 フローリングの種類による特徴

無 垢

(単層)

無垢
メリット 質感、肌触り、香りが良い
調湿作用があり、快適な空間を実現
削って補修でき、きれいな床を保てる
経年変化で味わいが深くなる
柔らかく、足への負担が少ない
個性的な表情が出る
デメリット 収縮や反りにより間に隙間ができる
水や傷に弱くこまめな手入れが必要
節や杢が入ったり色柄のばらつきがある
施工の技量でバランスに差が出る
価格が高い

挽 板

(複合)

挽板
メリット 無垢と同様のメリット
木目と色のバランスがきれい
伸縮がほとんどない
広い幅が選べる
デメリット 継ぎ目のデザインが気になる
傷に弱い
触感に違いの出る塗装を選べない
価格が高め

突 板

(単層)

突板
メリット 本物の木の風合いや木目を感じられる
傷や摩耗に強い加工をしたものが選べる
多くのデザインや色が選べる
伸縮がほとんどないので床暖房向き
広い幅が選べ、部屋に広がりが出る
無垢材より価格が安い
デメリット 無垢や挽板に比べ木質感に欠ける
継ぎ目が気になる
あまり温もりが感じられない

シートフローリング

(木質系フロア)

メリット 天然ものでは出せない木の表情が出せる
経年による色の変化が起こらない
手入れが不要
伸縮がほとんどないので床暖房向き
比較的傷に強い
材によるバラつきがない
広い幅が選べ、部屋に広がりが出る
無垢材より価格が安い
デメリット 温もりが感じられない
傷の補修が難しい
種 類 メリット デメリット

無 垢

(単層)

無垢
質感、肌触り、香りが良い
調湿作用があり、快適な空間を実現
削って補修でき、きれいな床を保てる
経年変化で味わいが深くなる
柔らかく、足への負担が少ない
個性的な表情が出る
収縮や反りにより間に隙間ができる
水や傷に弱くこまめな手入れが必要
節や杢が入ったり色柄のばらつきがある
施工の技量でバランスに差が出る
価格が高い

挽 板

(複合)

挽板
無垢と同様のメリット
木目と色のバランスがきれい
伸縮がほとんどない
広い幅が選べる
継ぎ目のデザインが気になる
傷に弱い
触感に違いの出る塗装を選べない
価格が高め

突 板

(複合)

突板
本物の木の風合いや木目を感じられる
傷や摩耗に強い加工をしたものが選べる
多くのデザインや色が選べる
伸縮がほとんどないので床暖房向き
広い幅が選べ、部屋に広がりが出る
無垢材より価格が安い
無垢や挽板に比べ木質感に欠ける
継ぎ目が気になる
あまり温もりが感じられない

シートフローリング

(木質系フロア)

無垢
天然ものでは出せない木の表情が出せる
経年による色の変化が起こらない
手入れが不要
伸縮がほとんどないので床暖房向き
比較的傷に強い
材によるバラつきがない
広い幅が選べ、部屋に広がりが出る
無垢材より価格が安い
温もりが感じられない
傷の補修が難しい

無垢フローリングは、使われる木の種類によって、大きく特徴が異なります。
木材の種類は「広葉樹」と「針葉樹」の2つがあります。 広葉樹は、針葉樹に比べて硬いので、傷がつきにくく収縮や膨張に関しても安定しています。複合フローリングの天板には、一般的に広葉樹が使用されます。針葉樹は、主に無垢材に使用され、広葉樹に比べて柔らかく、傷はつきやすいのですが、修復が可能で肌触りが良いのが魅力です。

(代表的な広葉樹の木材)

ウォールナット クルミ科の広葉樹で、深みのある色味が最大の魅力です。
欧米では、家具や内装材として長く愛されています。
メープル(カエデ) 広葉樹の中でも硬くて丈夫な素材です。
白っぽく爽やかな色で、シンプルな部屋にマッチします。
オーク(ナラ) 模様は虎斑と呼ばれ、木目がはっきりとしていて、床材として人気です。
チーク 東南アジアが原産で重厚感のある色合いです。
硬く、耐久性や耐水性に優れています。
ブラックチェリー きめ細かく、なめらかな手触りが特徴です。
明るい琥珀色が、時間が経つにつれ色に深みがでてきます。
ウォールナット クルミ科の広葉樹で、深みのある色味が最大の魅力です。
欧米では、家具や内装材として長く愛されています。
メープル
(カエデ)
広葉樹の中でも硬くて丈夫な素材です。
白っぽく爽やかな色で、シンプルな部屋にマッチします。
オーク
(ナラ)
模様は虎斑と呼ばれ、木目がはっきりとしていて、床材として人気です。
チーク 東南アジアが原産で重厚感のある色合いです。
硬く、耐久性や耐水性に優れています。
ブラックチェリー きめ細かく、なめらかな手触りが特徴です。
明るい琥珀色が、時間が経つにつれ色に深みがでてきます。

(代表的な針葉樹の木材)

パイン(松の木) 柔らかく加工しやすく、やさしい肌触りが特徴です。
白い材質の中に、等間隔で赤みがかった節が並ぶのが特徴的です。
ヒノキ ヒノキは油分を含み、耐水性に優れているため、浴室にもよく使用されています。
パイン
(松の木)
柔らかく加工しやすく、やさしい肌触りが特徴です。
白い材質の中に、等間隔で赤みがかった節が並ぶのが特徴的です。
ヒノキ ヒノキは油分を含み、耐水性に優れているため、浴室にもよく使用されています。

一口にフローリングといっても、種類や工法、素材によって、表情はさまざま。
住みたい家、より快適に暮らせる家づくりの「床選び」は、お気軽に住協建設にご相談ください。

Archive

40thスペシャルサイト公開中 40thスペシャルサイト公開中

住協グループの
『住まい情報』から
土地を探します。