住協建設 YouTUBE
住協建設 フェイスブック
住協建設 インスタグラム

COLUMN

キッチンのお悩み解決!キッチンリフォーム術


毎日料理をするキッチンは、汚れや傷などのダメージを受けやすい場所です。食事の準備をする場所が汚くなり、使い勝手が悪くなるのは悩みの種でしょう。そういった悩みを持つ人に向け、この記事では快適なキッチンの選び方や、キッチンリフォームの価格相場、工期目安について解説します。


快適なキッチンとは?

リフォームでお悩みを解決できるよう、快適なキッチンの要素について知っておきましょう。汚れやすいキッチンですから、掃除などお手入れのしやすさは重要です。また、腰などが痛まないよう、高さのあった天板もポイントとなります。
シンクが大きめで調理スペースが広ければ、料理の作業効率も上がるでしょう。さらに、調理器具を出し入れしやすい適度な収納も重要です。家族と団らんできる対面式など、キッチンの型が好みにあうかも快適さを左右します。


キッチンの選び方

多種多様なデザインや機能のキッチンから最適なものを選ぶポイントは、最初に重要な要素を確認し、最後にオプション機能などを検討することです。キッチンを選ぶ際に確認・検討しておきたい3つの要素を解説します。

キッチンの寸法を確認

キッチンの高さ、収納までの高さ、キッチンの幅(間口)の寸法を確認しましょう。寸法が体にあっていないと腰や背中を痛めたり、けがの原因になったりする恐れもあります。 

●キッチンの高さ

キッチンの高さとは、床から天板までの高さのことです。一般的に使いやすいとされる天板の高さは、使う人の身長から算出できます。算出式は「身長÷2 + 5cm」とされています。腕の長さなどでも使い勝手が変わるため、ショールームで実物に触れてみるのがおすすめです。 

●収納までの高さ

床から壁収納の底までの高さは、物を取りやすく、中に何が入っているかよく見えることが重要です。女性の平均身長の目線を例にすると、理想的な収納底までの高さは床から約145cmとされています。

●キッチンの幅(間口)

キッチンの間口とは、カウンター全体の幅のことです。一般的には15cm刻みの規格となります。広い間口はものが多く置けるため作業がはかどりますが、シンクからコンロまでの移動距離が長くなります。

キッチンの型を決める

キッチンの型は、自宅の環境や調理のシーンを考えて最適なものを選びましょう。代表的な型はI型やL型、対面型です。

●I型

カウンターが直線型のI型はもっともスタンダードなレイアウトのキッチンです。場所をとらないため省スペースでも設置できます。また、価格がおさえられることもメリットです。シンクとコンロの間のスペースを広めにとると作業がしやすいでしょう。 

●L型

カウンターがL型のキッチンは収納や作業スペースを多くとれ、作業効率が高まるという特徴があります。シンクとコンロの間の移動がしやすく、動線が短いのもメリットです。また、2人で料理するときにも作業しやすい型となっています。 

●対面型

対面型キッチンは、カウンターがダイニングやリビングなどの部屋側に向いているキッチンです。家族とのコミュニケーションがしやすいため、一体感を大事にする人におすすめといえます。また、小さい子どもの様子を見守りつつ料理したい人にも人気です。

キッチンのメーカーやオプションを検討

キッチンの寸法や型が決まったら、最後にメーカーやオプションを検討しましょう。 

●メーカーを選ぶ

国内の主なメーカーには、リクシルやクリナップなどがあります。リクシルは水の渦で排水口をきれいに保つ機能や取り出しやすい収納が特徴です。また、クリナップは骨組みまでステンレスを使用した、衛生的で耐久性の高いキッチンが特徴です。 

●システムキッチンならオプションも検討

組み込み式のシステムキッチンなら、あらかじめオプションを決めましょう。フロアユニットに食器洗い乾燥機を付ける、足元スペースを収納にする、IHコンロにする、水栓を浄水器つきやシャワー式にするなど、調理スタイルをイメージして必要な機能を決めます。天板を明るく見える人工大理石にするなど、雰囲気作りも大切です。


キッチンリフォームの相場

キッチンリフォームは、おおむね50~150万円で行うことが多いとされています。相場価格に差が出るのは、キッチンの型やグレードによって費用が異なるからです。キッチンの型の価格は、I型キッチン、L型キッチン、対面型キッチンの順に高くなります。基本的に、キッチンのグレードの違いは使用する素材の違いです。
例えば天板の素材は、シンプルなキッチンにはステンレスが使われ、ハイグレードなキッチンには人工大理石や天然石が使われます。また、木製キャビネットよりも、耐久性の高いステンレス製のキャビネットのほうが価格は高くなります。さらに、減速してソフトに閉まる引き出しなど、機能性の高いキッチンもハイグレードです。
キッチンの型とグレード両方が価格に影響するため、ハイグレードなI型よりシンプルな対面型のほうが価格をおさえられることもあります。デザインと機能どちらを優先するかよく検討すると、予算内で理想のキッチンに近づくでしょう。


キッチンリフォームの工期

毎日使う必要のあるキッチンですから、工期はあらかじめ知っておきたいですよね。キッチンの工期はリフォームの規模によって異なります。以下では、リフォームが小規模な場合と大規模な場合の一般的な工期について解説します。

小規模なキッチンリフォームの場合

小規模なキッチンリフォームとは、古いキッチンと同じ場所に新しいキッチンを設置し、基本的なレイアウトを変えない工事を指します。キッチンの向きや場所が同じため、比較的短い工期で完成するのが特徴です。小規模なキッチンリフォームではおおむね、古いキッチンの解体・撤去に1日、床や壁の下地工事、給排水工事に3日、新しいキッチンの搬入、取り付け、調整に2日ほどかかります。
オプションの取り付けなども含めると、合計工期は多くのケースで約1週間前後です。既存のキッチンと同じ位置でも、キッチンの型や追加したオプションによっては工期が延びることもあります。また、新しいキッチンに対し壁紙がアンバランスに見えるなど、広い範囲の張替えも伴う場合はさらに日数が必要です。リフォーム会社には日数の見積もりも出してもらいよく検討しましょう。カウンセリングが丁寧な会社を選ぶと、工事中のトラブルも少なく効率的にリフォームできます。

大規模なキッチンリフォームの場合

大規模なキッチンリフォームとは、I型キッチンを対面型にするなど、キッチンのレイアウトを大きく変更する工事のことです。それに伴いダイニングキッチンをリビングダイニングにするなど、部屋の仕切りを取り払う場合もあるでしょう。小規模リフォームと同様の解体撤去、給排水、搬入・取り付けなどの工程に、大規模リフォーム用の工程も加わります。
具体的には、新しい電気配線、ガス配管などの工事に約1~2日、古いキッチンと新しいキッチン双方の下地補修に約3日、部屋の仕切りの撤去、新設を含む内装工事に約4日程度必要です。大規模リフォームの合計工期は、約2~3週間を目安にするといいでしょう。
リフォームでは設備業者や内装業者、組み立て業者などさまざまな業者が作業するため、それぞれの業者のスケジュールを効率的に組むことが工期短縮につながります。なるべく早くキッチンを使えるよう、早期にリフォーム会社に相談を始める、繁忙期を避けるなどの工夫がおすすめです。


キッチンリフォーム術 まとめ

キッチンリフォームのポイントは、作業がしやすく寸法のあう快適なキッチンを選ぶことです。また、調理スタイルにあった型やメーカー、オプションを選ぶのも重要です。予算内で理想的なキッチンを作るには、グレードやオプションのバランスをよく検討しましょう。
工期中はキッチンを使えないため、丁寧で効率的にリフォームしてくれる会社を選ぶのも大切です。住協建設なら年間1000件以上の実績と手厚いアフターサポートがこだわりです。リフォームするなら、https://www.j-kensetsu.jp/で住協建設に相談してみましょう。

Archive

住協グループの
『住まい情報』から
土地を探します。