住協建設 フェイスブック

住協建設株式会社

Close

WORKS

265

J-ECO

ホワイトアッシュの木目調をあしらった
あたたかみを感じるナチュラルデザイン

No.265

埼玉県狭山市 エコルザシリーズ(J-ECO仕様)

ホワイトアッシュの木目調を全面にあしらったナチュラルテイスト。街並みに溶け込んだ、あたたかみのあるデザインに仕上がりました。

やわらかな木目が印象的なハードメープルのフローリング。

やわらかな木目が印象的なハードメープルのフローリング。

窓から自然のやさしい光が降り注ぎ、明るく開放的なリビング空間に。

窓から自然のやさしい光が降り注ぎ、明るく開放的なリビング空間に。

家族の笑顔とコミュニケーションを育むリビング階段を採用。

家族の笑顔とコミュニケーションを育むリビング階段を採用。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する1階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する1階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

大きな窓をしつらえた、明るく開放感のある階段。

大きな窓をしつらえた、明るく開放感のある階段。

ハンドダウンチェリーの玄関ドアとベージュのテラコッタ調タイルがナチュラルなエントランス空間を演出。

ハンドダウンチェリーの玄関ドアとベージュのテラコッタ調タイルがナチュラルなエントランス空間を演出。

グレイッシュな水色で爽やかな印象のキッチン。

グレイッシュな水色で爽やかな印象のキッチン。

ナチュラルな配色で心地よい穏やかな空間に。

ナチュラルな配色で心地よい穏やかな空間に。

白を基調とした清潔感のあるサニタリールーム。パステルピンクの洗面化粧台が爽やかな印象をプラス。

白を基調とした清潔感のあるサニタリールーム。パステルピンクの洗面化粧台が爽やかな印象をプラス。

白を基調とした清潔感のある1階トイレ。

白を基調とした清潔感のある1階トイレ。

ライトピンクが可愛らしい印象の2階トイレ。

ライトピンクが可愛らしい印象の2階トイレ。

やわらかな木目が印象的なハードメープルのフローリング。

やわらかな木目が印象的なハードメープルのフローリング。

窓から自然のやさしい光が降り注ぎ、明るく開放的なリビング空間に。

窓から自然のやさしい光が降り注ぎ、明るく開放的なリビング空間に。

家族の笑顔とコミュニケーションを育むリビング階段を採用。

家族の笑顔とコミュニケーションを育むリビング階段を採用。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する1階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する1階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

柔らかな配色の建具とフローリングがナチュラルな雰囲気を演出する2階洋室。

大きな窓をしつらえた、明るく開放感のある階段。

大きな窓をしつらえた、明るく開放感のある階段。

ハンドダウンチェリーの玄関ドアとベージュのテラコッタ調タイルがナチュラルなエントランス空間を演出。

ハンドダウンチェリーの玄関ドアとベージュのテラコッタ調タイルがナチュラルなエントランス空間を演出。

グレイッシュな水色で爽やかな印象のキッチン。

グレイッシュな水色で爽やかな印象のキッチン。

ナチュラルな配色で心地よい穏やかな空間に。

ナチュラルな配色で心地よい穏やかな空間に。

白を基調とした清潔感のあるサニタリールーム。パステルピンクの洗面化粧台が爽やかな印象をプラス。

白を基調とした清潔感のあるサニタリールーム。パステルピンクの洗面化粧台が爽やかな印象をプラス。

白を基調とした清潔感のある1階トイレ。

白を基調とした清潔感のある1階トイレ。

ライトピンクが可愛らしい印象の2階トイレ。

ライトピンクが可愛らしい印象の2階トイレ。

J-ECOOTHER

  • No.417

    No.417

  • No.415

    No.415

  • No.414

    No.414

  • No.413

    No.413

  • No.412

    No.412

  • No.411

    No.411

  • No.410

    No.410

  • No.409

    No.409

  • No.408

    No.408

  • No.407

    No.407

  • No.406

    No.406

  • No.405

    No.405

  • No.404

    No.404

  • No.403

    No.403

  • No.402

    No.402

  • No.401

    No.401

  • No.400

    No.400

  • No.399

    No.399

  • No.395

    No.395

  • No.394

    No.394

  • No.393

    No.393

  • No.392

    No.392

  • No.391

    No.391

  • No.390

    No.390

  • No.389

    No.389

  • No.388

    No.388

  • No.387

    No.387

  • No.385

    No.385

  • No.384

    No.384

  • No.383

    No.383

  • No.417

    No.417

  • No.415

    No.415

  • No.414

    No.414

  • No.413

    No.413

  • No.412

    No.412

  • No.411

    No.411

  • No.410

    No.410

  • No.409

    No.409

  • No.408

    No.408

  • No.407

    No.407

  • No.406

    No.406

  • No.405

    No.405

  • No.404

    No.404

  • No.403

    No.403

  • No.402

    No.402

  • No.401

    No.401

  • No.400

    No.400

  • No.399

    No.399

  • No.395

    No.395

  • No.394

    No.394

  • No.393

    No.393

  • No.392

    No.392

  • No.391

    No.391

  • No.390

    No.390

  • No.389

    No.389

  • No.388

    No.388

  • No.387

    No.387

  • No.385

    No.385

  • No.384

    No.384

  • No.383

    No.383