menu

Interview #003

子育てへの想いから生まれたこだわりの家。
住まうほどに、馴染み、ワクワクが止まらない。

きっかけは子育てへの想い。

新居を構えようと思ったのは、周りを気にせず、子どもをのびのびと育てたいと思ったから。とNさん。一戸建てがいいなという以外は特にこだわりもなく、漠然とした家さがしの始まりでした。
最初はとにかく色々な家を見てみようと、建売住宅も見学するなど幅広く検討。いくつか物件を見るにつれ、「子育てを中心に考えた時、「立地」と「広さ」はゆずれないなと思うようになりました。そこで、この土地と出会って。広さは充分、汎用性のある正方形という形も決め手でしたね。学校が近くにあり、通学にも便利で安心というところも良かったです。」

 

 

少しずつ生まれてきた家づくりへのこだわり。

土地が決まり、いよいよ家のプランが進んでいくと、どんどんイメージが膨らんで、デザインにもこだわるようになったというお二人。
外観のデザインにもこだわりが随所に見られます。「屋根のフォルムは片流れ屋根が素敵だなとか。最終的には全体のバランスを考えて、現状の屋根に落ち着きました。」と奥様。「外壁の色や素材なども時間をかけて選びましたし、窓の配置や窓枠のカラーもポイントですね。」リズミカルな窓の配置が外壁に表情を持たせています。異素材をミックスしたアプローチ、素材感のある玄関ドアも魅力的です。内観デザインにも細やかなこだわりが感じられます。
「ドアなどの建具をダークな色にしたので、床や壁はホワイトを基調にしました。キッチンのワインレッドは、わたしも主人も好きな色。はじめは派手かなと思いましたが、完成してみたら周りとよく馴染んでいて、大正解でした。
あとは、ポイントでアクセントクロスを使って、変化を出しています。
照明はダウンライトで、見た目をすっきりと。明かりはやさしく雰囲気があります。」「こうやって少しずつ、自分たちの「お気にいり」をつくり込んでいけるのが、注文住宅の醍醐味ですね。こだわった分だけ、自然と愛着がわきます。」
ご主人の言葉通り、一つひとつに思い入れがあり、少しずつ形にしていった過程が伝わってきました。

 

 

時間をかけ、その過程も楽しむ家づくり。

デザインだけではなく、プランニングもじっくり検討。「LDKは空間を細かく仕切らず、広々としていて、とにかくリラックスできる空間にしたいと考えていました。当初は4LDKだったプランを、一間つなげて3LDKにしたり。対面キッチンは、いつでも子どもへ目が届くし、家族と一体感があっていいですね。」
「気づけば、家族みんなここにいます。居心地がいいのでしょうね。
自然と家族が集えるリビング、こういう場所ができたことが、本当に嬉しいですね。」住んでみて納得だったのは収納だという奥様。「空間を広くすっきり保つには、欠かせませんね。見た目のデザインだけではなく、こういった使い勝手の良さを実感しています。」

 

 

住まうほどに、馴染み、楽しみが増えていく。

お二人に、こらからこの家でどんな暮らしを楽しみたいかうかがってみると、ワクワクするような答えがたくさん返ってきました。
「子どもの写真や趣味のパズルを、ギャラリーのような感じで飾りたい。そういったお気に入りの空間を少しずつ増やしていくのが、楽しみです。」
「最近DYIをはじめまして、造作の棚を作ったりしています。将来的には庭にウッドデッキを作るのもいいかなと色々計画中です。芝を張ったりして、子どもと思いっきり外遊びを楽しみたいです。」
まだまだ完成しないNさんの家づくり。お子さんの成長とともに、さらに楽しみが増えることでしょう。