menu

Method

未だ見ぬ未来も安心で、愛し続けられる家を。 未だ見ぬ未来も安心で、愛し続けられる家を。

未だ見ぬ未来も安心で、愛し続けられる家を。

理想のライフスタイルの実現の裏で、
いつまでも家族に寄り添い続ける家を
つくることは、
家づくりのつくり手としての責任です。

Strength

先進のテクノロジーを取り入れ、
高い耐震・耐久性を備えた
“つよい構造体”を。

地震が多く、夏は高温多湿な日本の風土に適した構造体を。
基礎と構造に先進のテクノロジーを取り入れ、
耐震性とその性能を維持する耐久性を確保。
心から安心して暮らせる家を実現します。

高精度軸組工法

日本の風土に最も適した軸組工法と
2×4の長所を組み合わせた構造。

耐震性と耐久性の高い伝統的な軸組工法に、2×4の長所である面(壁・床)による剛性を取り入れたBOX軸組工法を採用。床・壁・天井の6面体の構造で、地震による力を面で受け止め加わる力を分散させます。さらに、もっとも重要となる土台と柱に、最新鋭のプレカットによる集成材を使用。プレカットだからこそ可能な精度の高い軸組みが可能となっています。プレミジェンスでは、安心・安全な家族の家を実現するために、必要な建材と技術を掛け合わせた本工法を採用しています。

  • 高精度軸組工法
  • 高精度軸組工法
高精度軸組工法
さらに建物と構造体の強度を高める仕様
  • 「耐力壁面材」×「剛床構造」

    耐震性に優れた耐力壁面材に加え、28mm厚の針葉樹合板を使用。通常24mm厚が使われることが多い中、強度を高めるためプレミジェンスではこだわりを持って採用しています。

    「耐力壁面材」×「剛床構造」
  • 「構造用金物」を採用

    力が加えられた際に、もっとも力を受ける接合部の強度を高め、地震や暴風などの水平荷重に抵抗します。また適所に最適な金物を配置し、バランスのとれた耐震構造を実現します。

    「構造用金物」を採用

制振装置 「GMAS(ジーマス)」

国土交通大臣認定取得の
地震の
揺れから家族と家を守る耐力壁。

壁の強さを表す壁倍率が通常の壁と比較して、耐力壁として最高倍率の5倍を認定取得しています。さらにダンパー部分が揺れを吸収して構造を守るため、強い地震があったときも家具などが転倒しにくく、家族と家財を守ってくれます。地震の揺れに耐える「耐震」と、揺れを吸収し損傷を軽減する「制振」の2つの地震対策を備えた耐震+制震装置です。

制振装置 「GMAS(ジーマス)」

基礎+キソパッキンロング

優れた通気性で湿気をためない
強さとその耐久性を備えた基礎構造。

従来は基礎自体に換気口(風窓)を開けて換気していましたが、キソパッキンロングは、基礎と土台の間に換気口を設けることで通気性を確保します。さらに特殊構造の換気スリットが防鼠材の役割を果たします。またこれまで湿気が溜まりやすかった基礎のコーナー部分も乾燥状態を維持し、カビや腐朽菌の発生を抑制します。

Comfort

気温・湿度の影響を受けにくい
“快適で健康な毎日”を実現するために。

夏涼しくて、冬あたたかい一年を通じて快適な室内空間を
実現するために、採用する「断熱材と断熱工法」、「窓」にこだわっています。
外気と触れる箇所すべてに、気配って施工していきます。

吹き付け発泡断熱材 「MOCOフォーム」

優れた断熱性と調湿性を兼ね備えた
エコで快適な家を実現する断熱材。

特長は、高い気密性と充填性。繊維系断熱材が空気を通すのに対し、MOCOフォームは空気を通さないことが気密実験においても証明されています。また、今までの断熱材は、現場でカットしてから躯体にはめ込んでいたので、隙き間が生じやすかったのですが、MOCOフォームなら躯体の隙き間に沿って発泡するので、高い気密性を確保できます。

  • MOCOフォーム
  • MOCOフォーム
高精度軸組工法
  • ミクロ泡が優れた
    断熱性を発揮
  • 僅かな隙間も埋める
    断熱欠損がほぼない
  • 自己接着効果で
    ズレ落ちや脱落なし
  • 吸った湿気を放出する
    優れた調湿機能
  • 手間が少なく
    工事費を抑えられる

アルミ樹脂複合窓 「エピソードNEO」

断熱性×防露性×経済性を実現。 進化した窓で暮らしに快適性を。

室内側に、断熱性・防露性に優れた樹脂素材を採用したことにより高い断熱性能を実現。窓周辺を外気の影響から守り、不快な結露の発生を減らして、健やかな室内環境を保ちます。また断熱性能が高いことで、冷暖房エネルギーを大幅に削減することができ、家計の負担を軽減します。

エピソードNEO
各地域の年間冷暖房費の比較
(エアコン設定温度 冬20℃、夏27℃の場合)
各地域の年間冷暖房費の比較各地域の年間冷暖房費の比較

【年間冷暖房費の試算条件】平成28年省エネルギー基準
「建具とガラスの組合せによる開口部の熱貫流率 樹脂と金属の複合材料製建具+Low-E複層ガラス(中空層10ミリ以上)/複層ガラス(中空層10ミリ以上)」国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」による。

Material

目に、身体に触れる素材はすべて、
“愛し続けられる質感”を纏っていたい。

床や壁、建具や階段などの細部までこだわりを。
耐久性・耐傷性に加え、自然素材であれば好みの
木目や風合いを。
住むほどに愛着が湧く、
表情豊かな素材をご提案いたします。

床材・壁材・建具・階段

天然素材ならではの風合いに
耐久性と先進の機能性をそえて。

天然木を使用した無垢材は、同じ木であってもまったく同じ木目、色調となることはありません。さらに板目の違いや塗料の吸い込み量によって多少の色の違いが生まれ、経年とともに個性豊かな表情を感じていただけます。視覚・触覚に触れるこれらの意匠性に加え、耐久性・耐傷性といった性能面も優れた素材をご提案いたします。

床材・壁材・建具・階段

Support

建てた自信と責任を、暮らしの先の
“万全な保守”というカタチで。

鍵をお渡しした瞬間から、快適・安心な住まいへの
サポートをご提供。
長期保証で末永くバックアップいたします。
また不具合、緊急のメンテナンスにも迅速に対応いたします。

35年保証システム

住んだ後も家族と家を見守り続ける
最大35年間の万全なサポート。

家づくりに対する責任とこだわりがあるからこそできるオリジナルシステム。10年目ごとに無償点検(※)を実施。長く大切に使っていただくために必要なメンテナンス工事(有償)を行っていただくと、長期保証部分(構造耐力上主要な部分、雨水の浸水を防止する部分)が最長35年まで継続保証されます。

35年保証システム 35年保証システム

※10年目点検以降は、10年ごとに必要と認める有償メンテナンス工事を実施・継続していただくことが必要条件となります。

維持するためのアフターサービス
  • 定期巡回・訪問

    引き渡し後6か月及び1年目を迎えるタイミングで、アフターサービス担当のメンテナンススタッフが巡回訪問、不具合やお困りのことなどがあれば修理や相談をお受けいたします。

    定期巡回・訪問
  • 2年目からの定期点検

    引き渡し後2年目を迎えるタイミングから、アフターサービス担当のメンテナンススタッフが巡回訪問、点検または不具合の修理を行います。