住協建設が選ばれる理由 優れた住宅品質 - 基礎・構造 -

HOUSEING QUALITY - 優れた住宅品質 -HOUSEING QUALITY - 優れた住宅品質 -

変わらない想いがあるから、進んでいける。住まいへの安心・安全への想いを大切にしています。

基礎・構造イメージ

住まいの技術は今日も進歩を続けています。
いつでも最先端で、あなたの快適と安全をめざしたい、と思っています。

その一方で、住まいをきちんと、丁寧につくりあげようとする「人のこころ」は、どんな時代にも
大切なものです。
つくり手の、住まいへの姿勢や想い。
構造・工法は、その建物の本質が最も良く見えるところなのです。

基礎

立ち上りコンクリート幅150mm高品質な基礎。
床下の湿気を効率よく排出し、防鼠材も不要。
キソパッキンロング換気口レス・鼠対策

従来は基礎自体に換気口(風窓)を開けて通気しましたが、キソパッキンロングは基礎と土台の間に隙間を設けることで通気を確保します。
さらに、特殊構造の換気スリットが防鼠材の役割も果たします。

キソパッキンロング
全周通気工法乾燥

床下の乾燥状態を維持しカビや腐朽菌の発生を抑制します。

全周通気工法

構造

木造軸組構造で耐震性と耐久性を両立
BOX軸組構造耐震・耐久性能

地震の多い日本の風土に最も適した、耐震性と耐久性の高い伝統的な軸組構造に、2×4の長所である面(壁・床)による剛性を採り入れたBOX軸組工法は、床と壁、天井の6面体の構造となり、地震による力(建築基準法施工令第88条第3項に定めるもの)を割増した外力に対しても耐えうる設計とし、耐震性や耐久性を高めることで安心な構造を実現しています。

BOX軸組構造
構造用金物さらに高まる強度

耐震構造を実現するためには、構造だけでなく、接合部が地震などに耐えられなければ意味がありません。構造用金物を適材適所に配置することで、接合部の強度を高め、地震や暴風などの水平荷重に抵抗します。さらに、高耐力なホールダウン金物を使用することで、バランスのとれた耐震構造の住まいを実現しています。

  • 土台用座金
    土台用座金

    構造材への負担を小さくし、土台をしっかり固定します。

  • 筋かい金物
    筋かい金物

    柱と筋かいの接合に使用し、建物の強度をアップさせます

  • 鋼製束
    鋼製束

    防錆処理を施した鋼製束で施工することで、耐久性が向上します。

  • ホールダウン金物
    ホールダウン金物

    水平荷重による垂直方向の引き抜き力を抑え込みます。

※使用する金物等は現場によって異なる場合がございます。

プレカットによる高精度な軸組工法高品質な集成材

住協建設は、構造躯体材で最も重要な土台と柱に、環境にやさしく高品質な院庄林業㈱の木材(集成材)を指定品とし、最新鋭のプレカット工場で精密加工を施された良質な集成材を使用しております。プレカットによる木材加工は、機械ならではの合理的な作業フローで、熟練工並みの精度を誇り、その高品質で精度の高い木材を使用することで、構造的に強い軸組みが可能となります。4寸角(120×120mm)の通し柱・出入隅柱、3.5寸角(105×105mm)の菅柱、梁材を含めたすべての木材にプレカットされた集成材を使用することで、住協建設の安心・安全な住まいづくりを実現しております。

プレカットによる高精度な軸組工法
剛床構造(根太レス工法)厚さ28mmの床

根太工法と比べて約3倍の強度がある剛床工法を採用。通常24mm厚が使われる場合が多いのですが、住協建設では28mm厚の針葉樹合板実付きを使用し、梁を3尺(約910mm)間隔で施工しますので、床の水平剛性がさらに高まります。

剛床構造(根太レス工法)
耐力壁面材国土交通省認定取得

建物には建物自身の重さなどにより垂直方向にかかる荷重と、地震や暴風雨などにより水平方向にかかる荷重が加わります。この水平方向にかかる荷重を、耐力壁面材と柱間の筋かいで抵抗します。厚さ9㎜でありながら壁倍率2.6倍を認定取得した耐力壁面材STPⅡは、合板と比べると2倍以上のせん断剛性があり耐震性に優れています。 これを建物にバランス良く配置することで、地震時の変形やねじれを防ぎます。また、原料には環境に配慮した100%リサイクル木材を使用しております。

剛床構造(根太レス工法)