自然を守る使命

山の恵みを未来へ受け継ぐために
私たちが今できること

山を守る、
ともに生きるということ

伐採と植林:
山を育てるサイクル

環境保全に対して高い意識をもって業務に従事する院庄林業。そのひとつの取り組みとして、自社で多くの山を買い取り、状態の良い木を選んで伐採しています。その後、自社で育成した苗木の植林を行い、計画的な間伐を実施することで、適切な管理を継続。山を育て、未来に残すというサイクルを生み出しています。

山を育てるサイクル

国産材の商品価値を高める
一貫体制

高品質な無垢材を供給するためには、上質な原木が必要です。そのために、まず自社で山の管理を行い、健康な木を育てるところからスタート。さらに、製材や、各種検査などの全行程を熟練のスタッフが担当する一貫体制を確立することで、高品質・安定供給を実現しました。

住み継ぐという価値

木と暮らす=自然とつながる

自然のことを考え抜いて誕生した、国産のJAS認定無垢「檜」を使い、この国の気候に適した家を建てること、そして住み継ぐということ。それは、古来から受け継がれた山々を守り、希少な資源である国産材を未来に残すことに、大きく貢献しています。

永く、住み継ぐ長寿命な家

何十年にも渡って、大切な家族を守る家。その空間は、時代が変わっても安心・安全でなければなりません。世代を超えて住み継ぐことのできる住宅の実現。そのために、確かな品質の構造躯体材を追求しつづけていきます。

40thスペシャルサイト公開中 40thスペシャルサイト公開中